ご褒美としてのパレスホテル東京宿泊(デラックスキング(和田倉噴水公園側) シングル ユース)

お陰様で2019年も素敵な年とすることができました。

この1年間はパレスホテル東京に泊まることを楽しみに頑張ってきました。

palacehoteltokyo.JPG

パテスホテル東京

1年間ここに泊まる事を目指して頑張ってきたので、ホテルを前にワクワクが止まりませんでした。

 

宿泊前に中小企業診断士の更新研修を受講してきました。

講義内容は恒例の「新しい中小企業政策について ~最新中小企業施策の全体像~」と、

現在、中小企業政策における最重要項目「中小企業の事業承継支援」についてでした。

businessconsultant seminar.JPG

中小企業診断士更新研修

 

中小企業診断士の更新研修は日本橋で行われたため、歩いてパレスホテル東京に向かうことができました。

中小企業診断士の更新研修を終え、いよいよパレスホテル東京へ入館です。

入館は内堀通り側の正面玄関からではなく、日比谷通り側から入場しました。

palacehoteltokyo entrance1.JPGpalacehoteltokyo entrance2.JPGpalacehoteltokyo entrance3.JPGpalacehoteltokyo entrance4.JPG

パレスホテル東京 エントランス

 

ロビーはゴージャスというよりはシックで落ち着いた雰囲気でした。

クリスマスシーズンという事もあり、クリスマスをモチーフとした花やクリスマスツリーが気分を盛り上げてくれます。

palacehoteltokyo lobby1.JPGpalacehoteltokyo lobby2.JPG

パレスホテル東京のロビー

 

チェックインを済ませ、いよいよ宿泊ルームへ移動です。

途中のエレベーターや廊下でもはやる気持ちを抑えるのに必死でした。

palacehoteltokyo elevatorhall.JPG

東京パレスホテルのエレベーターホール

 

部屋へ入る際はカードキーを用いて入室です。

いつも利用しているホテルの様に、入室するとすぐベッドが見えるような部屋ではないので圧倒されます。

都心のホテルとしては長い廊下を歩き宿泊スペースへ!

palacehoteltokyo room1.JPG

パレスホテル東京 デラックスキングルームの廊下

 

廊下を抜けると丸の内を望むことができる宿泊スペースが目に飛び込んできます。

こちらもロビーと同様、ゴージャスというよりは落ち着いたスペースとなっていました。

天井の照明も落ち着いた和の雰囲気を醸し出しています。

palacehoteltokyo room2.JPG

パレスホテル東京 デラックスキングの宿泊スペース

 

宿泊スペースの奥まで足を運び振り返ると、また違った雰囲気を味わえます。

やはり、バスルームが丸見えなのが庶民としては慣れない変な感じを受けます(*^-^*)

palacehoteltokyo room3.JPG

バスルームが丸見えの宿泊スペース

 

落ち着いてきたのでベッドに横たわると寝ながらにして東京丸の内や東京タワーを眺めることができます。

田舎者としては、これほど興奮する眺めはありません!

palacehoteltokyo room4.JPG

ベッドから東京タワーを眺める

 

洗面台もシックな部屋と同様落ち着いた感じを受けました。

アメニティはアンヌセモナンというブランドでした。

余ったボディクリームを持ち帰らせていただき髭剃り後に使っています。

アンヌセモナンの独特なスパイシーな香りをかぐたびにパレスホテル東京での思い出にひたっています。

palacehoteltokyo washroom.JPG

パレスホテル東京の洗面台

 

バスルームとは別にシャワールームがあることに驚きます。

もちろん、こちらもアメニティはアンヌセモナン。

十分すぎるほどのアメニティが備えられていて満足感でいっぱいです。

普段は湯舟派ですが訳もなくシャワーを浴びてしまいました。

palacehoteltokyo shoewr.JPG

パレスホテル東京のシャワールーム

 

また、トイレも浴室と別となっていました。

TOTOのウォシュレットで快適です。

トイレットペーパーもソフトなフィーリングで非日常感を味わえます。

富裕層にとってはこれが日常か・・・。

palacehoteltokyo toilet.JPG

トイレルーム

 

湯船からはこうした風景を眺めることができます。

丸の内の夜景を眺めながら入浴できるとは、非日常の極み!

僕はシングルユースで泊まりましたが、同伴者がいると落ち着かないでしょうね。

もちろん、ガラスの部分にブラインドが付いていますし、入り口には扉もあるので同伴者がいても安心です。

palacehoteltokyo bathroom.JPG

バスルームから丸の内を臨む

 

パレスホテル東京の特徴は、何と言っても都心のホテルでありながら部屋にテラスが付いている事です。

パレスホテル東京ではなく、テラスホテル東京と名乗った方がいいのではと思えるほどです。

palacehoteltokyo nightview1.JPG

パレスホテル東京から東京タワーを臨む

 

一つだけ失敗したことは、日曜日に泊まってしまったことですかね。

丸の内の夜景を楽しみにしていましたが、いかんせんビジネスマンはお休みでビルの明かりもほとんど灯いていませんでした(泣)

パレスホテル東京から素晴らしい東京の夜景を眺めたいのであれば、平日の宿泊をお勧めします。

palacehoteltokyo nightview2.JPG

パレスホテル東京から国会議事堂、六本木ヒルズ方面を臨む

 

せっかく高級ホテルに宿泊するのですから部屋でゆっくりしていればいいのですが、

いかんせん田舎者ですので丸の内のクリスマスイルミネーションを楽しみに出かけてしまいました。

この丸の内仲通りのイルミネーションが日本の中で一番好きです。

palacehoteltokyo marunouchi1.JPG

丸の内仲通りのクリスマスイルミネーション

 

パレスホテル東京に泊まる醍醐味は、東京の夜景を眺められることもさることながら、

東京の夜明けもベッドに寝ながらにして眺められる事です。

動き始める東京の街を眺めながらまどろむ幸せ感を味わえます。

palacehoteltokyo morningview1.JPG

ベッドから眺める東京の夜明け

 

東京の夜明けを眺めながら少しずつ目を覚まし朝食へ出かけました。

ホテルの1階にあるグランドキッチンでブッフェ朝食をいただけます。

palacehoteltokyo buffet.JPG

パレスホテル東京のエッグベネディクト

 

研修翌日は何も予定を入れず12時のチェックアウトまでテラスでゆっくり東京の景色を楽しみました。

東京の風を感じながら頑張った1年を回想し、来る年に思いを馳せる時間は何物にも代えがたいものでした。

 

ぼんやり眺めていると皇居の向こうに富士山が見える事に気付きました。

富士山、明治神宮、皇居は一直線上にあり全てパワースポットであると聞いたことがあります。

その一直線上にこのパレスホテル東京が位置していることに気付きました。

皇居の近くに位置し「パレス」をその名にとどめるホテルであるパレスホテル東京。

間違いなくパワースポットに間違いないでしょうね。

宿泊する事でパワーを得られるとは最高です。

palacehoteltokyo morningview2.JPG

富士山と皇居を臨めパワースポットであることを認識できるパレスホテル東京からの眺め

 

テラスにはこうした椅子とテーブルが備え付けられ、ゆっくりと東京丸の内の風景を眺めることができます。

palacehoteltokyo terrace.JPG

パレスホテル東京のテラス

 

素晴らしい眺めを何枚か撮影していたら、レンズの加減で光のラインが入った写真を撮る事ができました。

まさにパレスホテル東京上空から皇居を通り富士山に向かう光線のようです。

palacehoteltokyo morningview3.JPG

パレスホテル東京、皇居、富士山を結ぶ光

 

素敵な時間というものはあっという間に過ぎてしまうものです。

チェックアウト時間が来たので後ろ髪を引かれる思いでホテルを後にしました。

後ろ髪引かれ過ぎて、和田倉噴水公園からホテルを振り返ってしまいました。

何度見ても素晴らしいたたずまいです。

palacehoteltokyo2.JPG

和田倉噴水公園からパレスホテル東京を臨む

 

今回の宿泊は、ちょうどミシュランガイド東京2020が発表された時期と重なりました。

パレスホテル東京は見事5つ星ホテルとして評価されています。

5つ星ホテルに泊まるのは初めての経験で、素晴らしい時間を過ごすことができました。

今後もこうしたホテルにご褒美として泊まれるよう精進していきたいと思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.fujita-masahiro.com/mt/mt-tb.cgi/79

コメントする

homepage_bnr.gif

ウェブページ