ロシアワールドカップ 予選リーグ突破決定!(希望的観測)

ロシアワールドカップのグループリーグ組み合わせ抽選会が行われました。

ワールドカップ前年の、この12月1日のドキドキはたまらないものがあります。

今後、グループリーグ組み合わせ決定により観戦ガイド本が発刊されるでしょう。

ガイド本を読みながら対戦予想、勝ち抜き予想を想像するのが冬休みの楽しみになりそうです。

日本代表はポット4だったので、どの組に入るのかを想像しながら抽選会を観ていました。

まずはグループAのA2が空いていたので、もしや開幕戦かと期待しました。

日韓ワールドカップでロシアに勝っていたので、リベンジされる恐れもありましたが、開幕戦の高揚感の中戦う日本代表も観てみたかったです。

続いてグループB。ポルトガル、スペインと同居したらハイさようならですが、内容の濃い試合を2試合も観られる贅沢を味わってみたかったです。

グループC。ここには同じアジア勢のオーストラリアが入りました。アジア枠確保のためにもオーストラリアには頑張っていただきたい。

グループD。ここに入ったら、まさにフランスワールドカップの再来だなと感じていました。同じでは面白味が無いので来るな来るなと念じていたものです。

グループE。ここはブラジル1強!日本はブラジルにはとことん弱いので入らなくて良かった。南アフリカワールドカップのように2勝1敗で勝ち抜けの予想もつくグループですね。

グループF。残り3つになっても中々日本はくじ引きされませんでした。ここにもアジア勢韓国が入りました。ドイツ、メキシコ、スウェーデンと地味ながら強国が入り影の死の組といったところでしょうか。

グループG。ここに入るとベルギー、イングランドと試合をする事が出来る為、来い来いと念じましたが思い届かず。ここは2強2弱の予想し易いグループです。日本がベスト16に進出したらどちらかと当たるのでしょう。

さて、最後にグループH。第一ポットがポーランドの組です。ロシアを除けば第1ポットが一番弱い組でしょう。しかし、前回ポット1だった南米コロンビアが同居しており、簡単にはグループリーグ突破を見込めないグループとなりました。もう1ヵ国はアフリカ勢からセネガルです。

初戦コロンビア戦に勝利してブラジルW杯のリベンジを果たし、勢いに乗ってグループリーグ突破です。第2戦は意外と相性のいいアフリカ勢との対決で2連勝とし、早々にグループリーグ突破を決めておきたいところです。ポーランドとはいい試合をしそうな気がしています。元々ヨーロッパの中堅国ですし、デンマークのような組織立った中堅国と日本代表は戦い易いと思います。

ワールドカップの楽しみと言えば、普段ガチンコで戦う事ができない強豪国との試合が見られる事ですが、今回はポーランド・・・。勝ち抜きが予想できる反面、グループリーグは地味な対戦相手が揃いました。お楽しみはベスト16での対イングランドか対ベルギーに取っておくことにしましょう。

地味ながらそれなりに各国にスター選手が揃っています。第1戦コロンビアは御存知ハメス・ロドリゲス。シエンタのシートの人ですね。長谷部、井手口、山口ら3センターに頑張って押さえて頂きましょう。第2戦セネガルにはリヴァプール所属マネがいます。セネガルはフランスの旧植民地ですから、フランスに縁の深いハリルホジッチに丸裸にしてもらいきっちり勝ち点3をもぎ取りたいところです。第3戦はポーランド。香川の元相棒レヴァンドフスキを抑える事が出来れば勝ちも望めます。吉田、槙野の二人がかりで徹底マークをしてシャットアウトしていただきましょう。レヴァンドフスキを抑える事が出来れば日本のツーセンターバックの評価も上がる事でしょう。

対戦相手がコロンビア、セネガル、ポーランドと地味な国になったため、正直チーム戦術等が分かりません。早くロシアワールドカップ観戦ガイド本を手に入れて分析したいものです。

今年の冬は観戦ガイド本を片手にヨーロッパリーグを観戦していきたいと思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.fujita-masahiro.com/mt/mt-tb.cgi/74

コメントする

homepage_bnr.gif

ウェブページ